憲法96条改正の提言

いまだ改正されていない日本国憲法

日本国憲法の改正については、その手続きが96条で定められています。

第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

憲法改正は、衆議院と参議院それぞれにおける国会議員の3分の2以上の賛成で発議され、国民投票の過半数で成立します。

改正に高い障壁が設けられた硬性憲法である日本国憲法は、制定されて以来改正されたことはまだありません。

憲法は万能ではない

憲法が定めているのは国家の根幹に関わる基本的かつ抽象的な事柄ですから、頻繁に改正する必要はないと思いますが、戦後制定した憲法が、時代不変の万能なものであるはずはありません。

特に、時代とともに変化の大きい外交・安全保障環境に関係する領域、憲法9条のような条文については、改正の必要が生じてもおかしくはありません。

無論、憲法が変わっていないからといって、日本の政治のあり方が変わっていないわけではありません。

たとえば憲法9条については、その条文の意味を形骸化させながら、その枠内で外交・安全保障政策を行ってきたため、憲法は不変であっても外交・安全保障政策は変化してきました。

現行憲法に改正すべき緊急性があるとは思いませんが、改正しうる形であるべきだと思います。




公平な過半数が望ましい

憲法が安易に改正されることは避けなければなりませんが、一方で、時代にそぐわない条文が悪影響をもたらすことも避けなければなりません。

憲法が万能ではないという前提を踏まえれば、現在3分の2である改正要件を2分の1とするのが道理にかなうと考えます。

憲法が改正しにくいということは、仮に悪く改正されたときに修正しづらいということでもあります。

護憲派は、自らが大事にしている憲法、とりわけ憲法9条を守るために、高い改正要件を肯定しますが、両院の3分の2の議席を獲得した安倍自公政権のもとで、ひとたび憲法が改正されてしまえば、護憲派は再びもとの憲法へ戻すことがきわめて難しくなります。

96条の前に9条が改正されたとしたら、現在の護憲派はなおも高い改正要件を支持するでしょうか。

私には、国会の議席の過半数は望めないが3分の1なら守れるという(結局は改憲派の3分の2を防げませんでしたが)、護憲派の消極的な姿勢に思えてならないのです。

やはり過半数が望ましいと思います。

ただし、96条改正の賛成者の大部分が9条改正を目的としている現在の状況では、安倍政権がもし9条改正を志向するとすれば、現行の3分の2の要件のもとで進めるのが望ましいとは思います。

結論

以上、憲法96条の改正について議論してきました。

  • 時代とともに変化する外交・安全保障環境のもとで、憲法は改正の必要が生じうる
  • 憲法96条の議論は、9条の賛成派・反対派双方の議論の影響を受けている
  • 憲法9条改正は現在の3分の2のもとで行われることが望ましい

国会の発議に必要な議席を3分の2から2分の1へと改めるように憲法96条の定める改正要件を緩和することが私の提言です。

提言:憲法96条を改正し、改正要件を国会議員の3分の2から過半数に緩和すべき

広告

シェアする

トップへ戻る