注目記事

HOT ENTRY

「公平」な報道は可能か:「マスゴミ」批判を考える
メディアに期待し過ぎだ そもそも、「公平」な放送などあるのでしょうか。 そして、それは実現できるのでしょうか。 ...
「愛国」とは「反韓」なのか
隣国を嫌うことが愛国か 日本人であることに誇りを持つのはよいけど、愛国心がそのまま反韓に結びつくのは共感し...
なぜ日本に二大政党制が根付かないのか
ポイントは政党の「政権担当能力」 私は、日本国民が支持・投票する政党を決する際に、最も重視するのは、政党が政権担当...
政治家の靖国参拝は、完全に各人の自由にしたい
政治家の靖国神社の参拝は、ひとえに政治家個人の良心に委ねられるべきである。 中国や韓国をはじめとする外国の口出しは気にする必要はないと考える。 無論、外国に配慮して参拝しない選択をする人があってもよい。
〈左〉からの改憲論の要請
憲法改正は、自民党の改憲草案を中心とする〈右〉の改憲論だけではない。 現在憲法論議が進まないのは、現行憲法を対案とする野党の責任が大きい。 国民的な憲法議論を深めるために必要なのは、〈左〉からの改憲論である。

シェアする

広告
トップへ戻る