「桜を見る会」と安倍晋三事務所の「5000円問題」

はじめに

首相主催の「桜を見る会」の問題が長期化しています。

そもそも会の趣旨や招待者の基準が曖昧ですが、議員に割り振られていた招待枠が、慎重な検討を経ずに恣意的に利用されてしまっていた実態があることは否めないでしょう。

長期政権の緩みとの誹りは免れないような実態も明らかになりました。

ただ、報道と批判のボリュームは気になります。これほどの争点になるほどの問題にはやはり思えません。ここを勝負所と見た野党がこの問題に固執し過ぎている感があります。

本稿では、桜を見る会の招待枠の問題から転じて問題化された、桜を見る会の前日に行われた安倍晋三後援会の旅行会の夕食会の会費をめぐる「5000円問題」について検討します。

もし差額を補填していれば問題

桜を見る会に合わせて企画された安倍後援会の旅行会の夕食会の会場となったホテルニューオータニでの会費が5000円であったことが「安過ぎ」であり、実際の会費はもっと高額で、その差額を安倍事務所が補填したのではないかと推測して追及がなされています。

実際に会場で出席者から徴収した総額と会場に支払った総額が大きく異なっており、それを安倍事務所が補填したという事実が万が一あれば、重大な問題であるといえます。

しかし、これは香典を秘書に持参させた菅原一秀前経産相や、妻の選挙で車上運動員への過剰な報酬を支払った河井克行前法相と同じくらい単純で明確な違反なので、常識的に考えて、実際にそんな失策をしているとはとても思えません。

だからこそ、苟も批判者が邪推する通りの事実が本当にあったとすれば、とても深刻です。

そもそもの必要性がない

地元での選挙対策という観点から考えても、菅原氏と比べれば明らかなように、それだけのリスクを冒してまで法を踏み越えることの利益がありません。

選挙の強さも、失脚して失うものの大きさも比べ物になりません。

結局のところこれは推論でしかありませんが、安倍首相にはそんなくだらない違反をする必要が全くありません。

夕食会の会費の一部を事務所で負担してまで旅行会の人数を多く集めなくてはならない理由がそもそもないのです。

安倍首相にとっての利益とリスクという視点から見ても、補填したに違いないと疑ってかかるよりも、諸々の理由から会場側が当該の金額に設定したと考える方が妥当です。

会場側の都合

このような大規模な会の会場を日々提供していホテル側の立場からも考えてみたいと思います。

会場側は通常、開催時期や出席人数、会の内容等を踏まえ、客との交渉のなかで価格を決定すると思われます。

今回の会についても、大人数の客ということ、政治家の会ということ、安倍晋三首相の関連であること、それぞれが価格を下げる方向に機能し得ると考えられます。

会場側が様々な価値判断のもとで、この価格で受け入れた可能性は十分にあると思います。

通常の客ではできない価格でこの会場を利用できたとしても不思議はありません。

双方の交渉の結果であり、会場側の経営判断によるものであるので、価格設定については外からどうこう言うべきではないと思います。

また、会場側としては、今後の価格交渉力を保つためにも、個別の会の詳細を明らかにしたくないのは当然でしょう。

よって、今回の会が実際にいくらで行われたかを問い合わせても教えてはくれないでしょう。

そして、一般論として5000円でできるかどうか問うたところで、個別的な事情が勘案されていないため意味はないのです。

まとめ

①実際に5000円よりも高い金額で会が行われたこと、②会場への支払額と出席者からの集金額の差額を安倍事務所が補填したこと、の2点を野党側は立証しなくてはなりません。

また、安倍事務所とホテルの双方から決定的な証拠や証言を引き出すのは困難です。

以上から、桜を見る会を巡る一連の問題に関し、この点で追及するのは難しいと思います。

トップへ戻る