〈左〉からの改憲論の要請

日本の改憲議論が進まない原因は野党

現在の改憲派は、自民党を中心とする保守派で、〈右〉の改憲を提案しています。

それに対抗するリベラル勢力は、改憲を否定して護憲派の位置を取っています。

改憲の保守、護憲のリベラル、という構図になっています。

現在の護憲派は、国会の3分の2を占めての〈左〉の改憲は望めないが、3分の1なら防げる、という消極的な姿勢で「対案は現憲法」としているように私には見受けられます。

(皮肉なことに、改憲勢力の3分の2を防ぐというこの上なく消極的な勝利条件を設定して臨んだ2016年の参院選では、野党は改憲勢力の3分の2を防ぐことができませんでしたが)

3分の2を狙うことを放棄した護憲派が、現在の日本国憲法を対案に提示します。憲法が規定する改憲勢力3分の2という高い壁を武器に、現憲法に固執している野党系の護憲勢力によって、改憲議論が深まらないのだと思います。

やや強い言葉でいえば、「護憲は逃げ」であると思います。

日本の憲法の議論が深まらないのは、自民党の説明不足というよりも、護憲派の抵抗ゆえだと考えます。

「改憲派」vs「護憲派」の違和感

憲法9条は、自衛隊の創設や集団的自衛権の行使容認によって、もはや骨抜きにされているといえます。

自衛隊の組織も自衛権の行使も、条文を素直に読めばあり得ないことが、現在の日本では可能になっています。

9条の枠内で安全保障体制を変化させてきた自民党を責めるのもよいですが、私は、それ以上に問題があるのは憲法9条そのものだと考えます。

たとえば集団的自衛権についていえば、そもそも集団的自衛権の行使を可能とする解釈ができない条文であればよいのです。

それなのに、自民党の決定のプロセスを批判してばかりで、9条をより〈左〉にする改憲が主張されるのはあまり聞きませんでした。

リベラル勢力が取るべき位置は、護憲の立場ではなく、〈左〉からの改憲の立場だというのが私の考えです。




 望ましい改憲議論のあり方は

憲法というのは国家の根幹を規定した法ですから、国民的な改憲議論というのは、日本の望むべき道を議論することであり、まさに民主主義の体現でもあります。

改憲を展望する政権を、民主主義を擁護する立場から否定する人もいますが、むしろ、護憲派として抵抗している人々が、活発な改憲議論を抑制することで日本の民主主義の妨げになっているという批判もできます。

〈右〉からの改憲は、自衛権を明記し、自衛隊ではなく軍隊を保持する。

〈左〉からの改憲は、日本の武力行使や戦力の保持を否定し、自衛隊さえも認めない。

のように、両面から改憲を議論することで、収まるところに収まると思います。

いずれにしても、自衛隊をどう認めるか(あるいは否定するか)、日本が日米同盟のもとでどこまで米国と協調して安全保障上の行動を取ることができるのか、など、より明確に規定する必要があると考えます。

結論

以上、「改憲」vs「護憲」の構図に批判を加え、「〈右〉からの改憲」vs「〈左〉からの改憲」を提言してきました。

〈左〉からの改憲論を要求しましたが、私の個人的な立場は〈右〉からの改憲です。

日本の安全保障のすべてを短い憲法で規定することはできませんが、はっきりと自衛権を認め、軍の保持を謳い、一方で明確に侵略戦争を否定する、この程度の具体性は必要だと思います。

我々が格闘すべきは、自衛を騙った侵略が行われないように監督することでしょう。

人を傷つけたくないから自らを守る力すら持たないというのは、あまりにもおかしなことです。

憲法議論を通じて日本の国家としてのあり方の議論を活発化していくためにも、以前の投稿「憲法96条改正の提言」で書いたように、改憲の壁を低く改めるのは有用だと思います。

我々が行うのは宗教ではなく政治であり、憲法は聖書ではなく法なのですから、既に骨抜きになった憲法9条を、さも神の言葉かのように大事に抱え込むのは違和感があります。

必ずしも私と論理は同じではありませんが、添谷先生の『安全保障を問いなおす―「九条-安保体制」を越えて』で結論として述べられているのも、まさに〈左〉からの改憲でした。

戦争責任を受け止め、リベラルな国際主義に立つ改憲こそが、「九条ー安保体制」を越えた第三の道を切り拓くことができると思うのである

――添谷芳秀『安全保障を問いなおす:「九条―安保体制」を越えて』(2016年、NHKブックス)p.254

広告

シェアする

トップへ戻る